自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

背中あわせのさようなら

作: 月代奏

背中に感じる君のぬくもり 教室に入ってくる夕日の光よりも心地よくて

これまで何度か預けた背中 いつしか小さくなっていたことに今更気づいた

長くはない年月を過ごしてきて とうとう離れる時

卒業した僕らにあるのは別れた道で

僕と君とは離れていく

互いに支えあった背中も 同じように大きくなっていると思っていた

ずっと隣で 後ろで 感じていられると思っていた

明日 僕らは この場所を去る

新しい世界に向けて 歩き出す

一緒にいてほしいと言うのは簡単かも知れない

でも夢を追う君を止められない

過去はここまで 明日から未来 今日だけはこの背中に触れていたい

明日は笑顔でさよならを言おう

だから今は ただ暖かさを求める

※この詩(ポエム)"背中あわせのさようなら"の著作権は月代奏さんに属します。

作者 月代奏 さんのコメント

歌詞もどき2

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P