自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

完全な満足

作: 鳴海 獅宵

あらゆる芸事に於いてもそうだが
詩にしろ音楽にしろ 自分のそれを極める為なら
「完全な満足」は許されるものでは無い
一篇の詩 ひとつの楽曲が完成した際
「ひとときの満足に浸るくらいなら良い
だが 完全に満足してしまって居ては
そこで終わってしまう

ジミ・ヘンドリクスもエルヴィス・プレスリーも
ジョン・レノンもカート・コバーンも
マイケル・ジャクソンもルー・リードも
皆 最期まで自らが産み出した
音楽やパフォーマンスに満足していただろうか?

芸術を極める道とは いささか
僧侶が自らの心の境地を磨き極める為に
日々取り組む鍛錬の道に似ている気がする
そこに 終わりなど無く
鍛錬は延々と続いてゆく・・・

※この詩(ポエム)"完全な満足"の著作権は鳴海 獅宵さんに属します。

作者 鳴海 獅宵 さんのコメント

自分が詩や歌詞を書く際の取り組みというか、
あるべき姿勢のようなもの。
上には上が居るし、満足しきってしまっては
それで終わりだと思うゆえ・・・。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 3
深い 1
素敵 1
合計 5
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (9件)

__

'14年4月3日 10:25

この詩(ポエム)を評価しました:共感

人生が続く限り日々、勉強ですからね^^v
詩も歌詞も僕の人生の一部なので共感します^^v

鳴海 獅宵

'14年4月4日 09:02

>七味さん
ありがとうございます。ひとつの歌詞や詩に満足して、
立ち止まっているようでは、永遠に極めることは
ませんからね(^^)。やはり日々いそしんでこその
ものだと私も感じる次第です☆

__

'14年4月4日 12:17

この詩(ポエム)を評価しました:深い

鳴海 獅宵(ナルミ)さん
 こんにちは

>芸術を極める道とは いささか
>僧侶が自らの心の境地を磨き極める為に
>日々取り組む鍛錬の道に似ている気がする
>そこに 終わりなど無く
>鍛錬は延々と続いてゆく・・・

 鳴海 獅宵(ナルミ)さんの芸術にかける強い生き方を感じました。

 そしてむー自身の詩とコメントのあり方について、読者の心の中にユーモアと驚きと感動の残るものを残していくには、読んだ皆様が誰でも考える事なくすっと心にはいっていく為の言葉の凝縮がなっていないと、今まで悩んでいた事をこの詩から更に突きつけられた思いでした。

bbman

'14年4月4日 19:16

この詩(ポエム)を評価しました:共感

何事も「満足」したら そこで、止まってしまいますよね。
其れに満足は、しにくいものの様に思いますので、共感です!

「芸術を極める道とは いささか
僧侶が自らの心の境地を磨き極める為に
日々取り組む鍛錬の道に似ている気がする
そこに 終わりなど無く
鍛錬は延々と続いてゆく・・・」この最後の連が、深いと思いました!!

鳴海 獅宵

'14年4月5日 09:52

>むーさん
ありがとうございます。この詩には、ある意味
本当に極めたいのであれば・・・と言う「自戒」を
込めているのですね(^^)。決して、詩や歌詞を書くことを
楽しんでいないわけでは無いのです。
しかしながら、むーさんの読み手に対する意識、こだわりは
すごくて素晴らしいと思います(^^)。私の場合、自分の
言葉や語感に突っ走りすぎて、ともすれば独りよがりにも
なりかねませんゆえ(^^;)。

>bbmanさん
ありがとうございます。本当、満足して自己陶酔や
ナルシズムに陥ってしまうと、それで終わりになって
しまいますゆえ、そこは自重せねば、ですね(^^)。
芸術を極める道に、終わりは無いと思うんですね。
鍛錬・・・は言い過ぎかもしれませんが、延々と終わり無しに
続く道なら、とそれに喩えてみた次第です(^^)。

__

'14年7月9日 08:26

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

ありがとうございます、、

鳴海 獅宵

'14年7月9日 09:14

>萌さん
こちらこそです(^^)。

芥子壼(けしつぼ)

'14年9月26日 19:45

この詩(ポエム)を評価しました:共感

極める為には、満足してはならぬ。
冷静に考えたら、矛盾した話です。
でもそれが、人間の成長戦略なんですね。

鳴海 獅宵

'14年9月27日 09:12

>中條侑輔さん
ありがとうございます。本来であれば満足を得たいが為に
行う芸事のはずですが、確かに矛盾していることも否めないですね。
でも、満足してしまうとそこで止まってしまうから、
極めるためには、その先を見つめなければならないわけですよね。
難しいですが・・・。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P