自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

noise と yume

作: sonic

サーキュレーションされた情報
それは一時期の感情

ネゴシエーションされる国家間の秘密
それは一時期の感傷

ところどころには黒点が
広がりながら
縮まりながら
キミの脳裏に焼き付けられる

それらは嘗てあった命?
それとも果たされない命?

ジャンルなどはなく
種別することもない
ましてや
交差することもないのだろうか?

心象風景だけが浮かんで
言葉の意味すらない
あの砂漠のあらし

ここへはもう戻れないのかもしれないのだから
思う存分遊び呆ければ良い

宵のうちだから

※この詩(ポエム)"noise と yume"の著作権はsonicさんに属します。

作者 sonic さんのコメント

ありのままに読んで頂きたく思います。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
おもしろい 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

__

'14年5月1日 20:32

この詩(ポエム)を評価しました:おもしろい

sonic さん
 こんばんは

サーキュレーションもネゴシエーションも
その人の心の奥にある風景をつないでいるものには変わりないと思います。
機会も人も人的なものがプラスされる事で違ってくるのでしょう。
ならば自分を自由にして見る事もまた一興かも知れませんね。

考え方の面白い詩だと思いました。

sonic

'14年5月1日 23:36

むーさま

コメントありがとうございます。
またおもしろいとの評価、身に余る光栄です。

どうしてもっと人は自由な発想をすることが出来ないのだろうか…?
いつしかみんな悪い意味で同じ方向を向いてしまっているそんな気がします…。
色々なものがありふれていて、様々な情報が掴めるのに…。

好きな方向を向いてそれが正しいのか、間違っているのかはわかりませんが、それを確かめるためにある意味遊んでしまえば良いと思うのです。ルールはあくまでも指標であり、そこから必然的にはみ出すのが人なのですから。

人生一回きりですからね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P