自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

題不知

作: 独子-hitoko-

此の目から零れたものは
唯の涙だと思っていた
其の正体も知らず
唯見送っていたのだ

此の手から零れたものは
唯の水だと思っていた
其の行方も追わず
唯、地へと棄ててしまったのだ

いつか、あてもなくふらふらと歩く足を
はたと止めてみたときに
零した涙が、嗚呼
己の心だと気付くのだろう
漸く此の手中に在ったものが
己が夢だと気付くのだろう

さうして己の足跡へ
小さな花が咲く事も
知らずに唯、生きて逝く

※この詩(ポエム)"題不知"の著作権は独子-hitoko-さんに属します。

作者 独子-hitoko- さんのコメント

だいしらずって便利ですね

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P