自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

ただの恋では説明できない世界

作: 池田正則

人や物に甘えないで救済にだけ甘える自然体
誰の前でも優しさをガマンしない自然体
そんな君にグチッた「愛されても愛されてもどんなに愛されても孤独だけが心に残るんだ」「それなら人が抱く愛や優しさから逃げずに直視する事
不安に思う未来なら逃げずに直視する事
自分や他の人の痛みから逃げずに直視して生きて
それと普段は目を放さず遠くで見守ってるけど本当は一番近くで心配して一番近くで
あなたの喜ぶ顔を見たくてどうしょうかと考えてる人がいるよ」
「その優しさで強くなれない自分が情けない」
「ゴメン、私が言ってる事は重たかったかな」
「そんな事ないだって君に話すだけで少し気分が楽になった。
ありがとう、恋愛を想う気持ちよりも大切に優しく接してくれた
君はベンチに座る今日初めて会話する女性(ひと)」
君と違う気温に包まれるでも包む季節は同じだからもしも会えたら語り合えるよね
冷めない料理みたいな想いだから無理して食べなくていいよ
君に形ある真実を求めないデートも結婚式も
一人ぼっちのハッピーエンドをくれた人だから
僕は片思いに寿命を作らない
僕の思い出と君の思い出が重なる部分があれば
君の懐かしさの中に僕という情景がある事が嬉しくて
忘れられない幸せを作ったあの日にありがとうと言いたい
ある日宛名のない手紙が来た「私達が写った写真1枚だけのアルバム
そのアルバムを元気がない時に眺めて生きて来ました
つまりあなたが好きを大切するのと同じくらい
私はあの頃の私達の懐かしさを大事してます
もう恋人になれなくてもあなたは私にとって大切な人です」
呼んでる途中一滴切なさが流れた
いくら僕を愛してくれなくても君の恋のバージンは願えない
100年の妊娠みたいにこの恋を温めていたい

コメント初めて会話する人に君って!?この作品は「時をかける少女主題歌ガーネット」を聴きながら制作しました

※この詩(ポエム)"ただの恋では説明できない世界"の著作権は池田正則さんに属します。

作者 池田正則 さんのコメント

コメント上

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。