自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

メッツァルーナ

作: end123

茶色いクマの大きな手
洗剤香るやわらかな

時計の針は正午過ぎ
目には見えないけれど
流れる川みたい
時間は
時間は

縁側に座って日向ぼっこ
そんな未来を望むカワウソ
洗濯機がピーと鳴いた

平日休日笑い転げるクラッカー日そしてはさまる悲しい日

たんぽぽ綿毛が空を舞う
東のほうから風運ぶ
強くなった草の匂い

だんだん暑くなりますね

※この詩(ポエム)"メッツァルーナ"の著作権はend123さんに属します。

作者 end123 さんのコメント

日常のうた

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。