自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

きっと君はこの日のことを死ぬほど後悔するのだろう

作: 歌唄


やっと報われた気がすると 暗闇の中で君は泣いていて
いままで誰にも言えなかった真実と自分の危うさを 私の前で暴いていく
この感情は酷く凶暴で 君は謝ることなんて何もしていないのに
悲しいくらい優しい君を縛っている
絡まる指先にも 触れる唇も 偽りなんて一つもなくて
私たちはどうして こうなるまで
この気持ちだけを大切にできなかったのだろう
死ぬほど人を傷つけて 犠牲にして たくさんのものを捨ててきた
でも もう いいよ
傷つけるのは 私が 最後でもういいよ

※この詩(ポエム)"きっと君はこの日のことを死ぬほど後悔するのだろう"の著作権は歌唄さんに属します。

作者 歌唄 さんのコメント


「今日なら、死ねると思った」



皮肉にも、木曜日で五月の出来事でした。
あの頃と同じ感情を一ミリも抱かないのは、わたしがもう子供じゃないからなんだと思います。

【 永遠の木曜日 】http://poems.minna-no.jp/poems/view/145217
【 人殺しの五月 】http://poems.minna-no.jp/poems/view/153575

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P