自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

過ぎて行く

作: kuloo


何もない夜が過ぎて行く。
小さな吐息も、大きな機械音も、
時が過ぎて。死んで行く。

甦りはしない。
見たもの、聞いたもの、
目の前にあるものは全て「未来」だ。

一秒前の私は、もう二度と会えない。
一秒前の私は、もう死んだ。

過ぎて行く。
この世界に生きているから。

※この詩(ポエム)"過ぎて行く"の著作権はkulooさんに属します。

作者 kuloo さんのコメント

 

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P