自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

 ☆恋文☆

作: dagg2


※この詩はTaka.& daggのコラボ詩になっております※


ひと文字 ひと文字に 想いを込めて
君への恋文を 綴ります
届くでしょうか この恋文が
随分と前に 離れた君の元へと

君は 抜け出せなかったのですね
わたし達が 愛し愛された瞬間(とき)から
わたしも未だ 抜け出せてはいません
そんなに 簡単なことでは無いのです

心なき 大人達に屈してしまったのは
君ではなく 幼かったわたし
君は 救いだそうとしてくれましたね
でも わたしはそれを拒んだ

ただ とても怖かった
優しさが際限なく続くと 信じながらも
すべてを委ねる 勇気がなかった
君への想いを 踏みにじった事が

胸のなかで 絶えること無く
悔やんで悔やんで 仕方なかったのです
あれから随分と 時間(とき)が流れて行きました
勝手ながら いま この言葉を伝えます

ごめんね そして いまでも 愛しています。


朝 眼が覚めると 私は 涙でぬれている
毎晩 夢を見るの 大好きな あなたが 泣いている夢
眼が覚めたら 私も泣いているの

あ~ぁ

今日もあなたの冷たい瞳 そう想うのは ただ好きだから
判るわけじゃなくて 守りたくて 憧れで
私の大切な人 私が一途に思える人

迷いはない

きれいな空 その下で 私は夢を見る
いつかあなたが 笑ってくれるように
その笑顔を 私に向けてくれるように

今夜も夢を見るの

大好きなあなたが
涙を流す夢でなく
笑顔の夢を。

※この詩(ポエム)" ☆恋文☆"の著作権はdagg2さんに属します。

作者 dagg2 さんのコメント

渋谷・道玄坂の ”百軒店・ひゃっけんだな” に≪恋文横丁≫がありました。
今でも木碑があり〼。
戦中戦後、この一帯は円山遊郭(まるやまゆうかく)のあった処で遊女の方で字の書けない、お女郎(じょろう)さんが愛しい殿方に”恋文”を出す代書屋さんが数件あったそうなんです。

誰がよんだか≪恋文横丁≫ここ、百軒店は渋谷文化の発祥の地と言われている。

コラボするにはやはり長すぎたかもねぇ~

    ~華のお江戸の若頭/dagg                   

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 5
合計 5
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (14件)

RARA-Z

1週間2日前 ('17年6月19日 23:05)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

ボス、毎日空チャン海チャンと一緒に遊んでますか。 
紫陽花の花かんざしの方から来ました。
実話じゃないですか? 
ボスのコラボ詩は、珍しいですよね。
下段の方を書き込んだのが解ります。
紀行物、四方山ばなしの、書き手が詩を興すと素敵な情景詩に・・  コメント欄の道玄坂.・百軒店の恋文横丁、なつかしかったです。 
              zより。

優月

1週間2日前 ('17年6月19日 23:40)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

dagg様☆

お元気ですか。ずっと気になっていました。
久々にここに来てみたらあっ‼︎
とても嬉しくて…
dagg様☆&Taka.様コラボ作品とても素敵だなぁ思っていました。

離れてしまっても、
こんな恋詩のように想って想い合ってるふたりの恋
素敵ですね。

第2弾、恋文、楽しみにしています。
ゆっくり今の時を楽しみながら…
勝手に待ってます(๑˃̵ᴗ˂̵)

恋文にほろ酔い優月より

Taka.

1週間2日前 ('17年6月20日 00:28)

優月さんへ。 こんばんは。

今作は、daggちゃんとのコラボをさせていただきました。
daggちゃんの代わりと云うと聴こえが悪いですが、コラボさせていただいた者として、お返事させていただきます。

詠んでくださった方は、お気づきでしょうが
『 前半は私が書いた詩をdaggちゃんが編集して、
後半は完全にdaggちゃんが書いた詩で、私としては当然一発OKでした。』
素敵とのコメント、とても嬉しい限りです。
おっと、次回作ですかぁー。
daggちゃんは書けるでしょうが、私はレベルが低いので、あまり期待せずにお待ちくださいませー(笑)

素敵とのコメントと評価をしてくださり
どうもありがとうございました^_−☆

Taka.

1週間1日前 ('17年6月20日 13:00)

RARA-Zさんへ。 こんにちは。

今作は、コラボ作品ですので、
daggちゃんの代わりにコメントさせていただきます!

やはり、下段のほうをdaggちゃんが描いたと分かるのですね。
まぁ、私の詩と比べれば一目瞭然ですものね。。。
紀行文などを興している人が描くと、こう云う詩になるのですよねぇ。
今作は、貴重な経験をさせていただき、私も嬉しいです。
RARA-Zさんは、daggちゃんと一緒にお仕事したことがあるそうで。
イジメられませんでしたか? 可哀想に。。。(泣)
なんてね! とても優しいボスだったと推測!!
あのような方と お仕事が出来たのは とても羨ましいことです。
とても良い人生経験を積んだことと思われますねぇー。

コメントと、素敵との評価をしてくださり
どうもありがとうございました(^O^☆♪

dagg2

1週間1日前 ('17年6月20日 16:07)

テケへ。

私は毎日ツインズと遊んでいるわよぉ~
ペラ原の打ち込みが遅くなり、夜叉姫が怒ること怒ること・・
どっちがボスだか判らなくなる時があり!
テケの直属の上司になった夜叉からは、相当可愛がられたでしょう?
私の場合は菩薩さまだから、優しいんよぉ~
舎妹たちを見てて判ったでしょう。

テケもパブリックの方に戻り、忙しい日を過ごしてるはず、またどこかのブースで逢える日を楽しみにしています。

            ~菩薩さまのdagg

dagg2

1週間1日前 ('17年6月20日 16:46)

オロナミンCの優月姉さま

こんにちわ。
姉さまとコラボして以来のTaka.さまとのコラボ詩になりました。
彼は繊細、私はガサツ。
両極端な二人の詩が上手くはめこめたかも?知れません?

姉さまの ”ひとり言ポエム” に、心癒されるファンは多いはず!
お暇な時にはポエムを1篇載せるのもイイ感じですよぉ~

私は毎日、ツインズと楽しい時間を過ごしていますが、寝不足です。

姉さま、いつもありがとうござい〼。

            ~アリナミンAのdagg

dagg2

1週間1日前 ('17年6月20日 19:30)

Taka.さまへ

pitoさん・優月姉さまにつづく第3弾目のコラボになりました。

切々と綴るTaka.さまの恋文。
貴方さまの心模様が判り〼・・

出だしの語りから、中ほどの語り、そして最後の1行に≪愛≫を込めた決定打。  語りのくだりは秀作だと思います。

コラボで来たことに感謝しております。

dagg*私とコラボしたい人が出て来たらどうしよう?

Taka*大丈Vだよ・・
   そんな人は現れないから!

dagg*そうだよネェ~

               ~リポビタンDになりたいdagg

Taka.

1週間1日前 ('17年6月20日 20:12)

daggちゃんへ。 こんばんは。

こちらこそ、コラボさせて頂き、とても光栄です。

皆さんの声を聴くと、daggちゃんの偉大さに改めて気づかされました。
しかも、私の詩文も褒めてくださり、感謝感謝です。

これからも、コラボさせてください!! と云う方が必ず名乗り出るはず!!
楽しみですねぇー。是非、ステキな方とコラボして頂きたいですねぇー。
今回は、お付き合いくださり、どうもありがとうございました^_−☆

とくさん

1週間前 ('17年6月21日 18:16)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

素敵な恋文・・

僕には
こんな長い思いは…
        綴れません
         思いが深いほど
            言葉は
             煮詰まって
              煮詰まって
               どんどん短くなる
                  すみません・・
                        私事で…

杉菜まゆか

1週間前 ('17年6月21日 19:29)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

幸せの予感を感じました。これから始まる幸せの階段を、ぜひ登ってほしいです。

dagg2

1週間前 ('17年6月22日 08:43)

おじさま、おはようござい〼。

長文はいつもスルーしていかれる方が心境の変化か(驚
タイトルの≪恋文≫をご覧になり・・

久々のdaggの詩(うた)かぁ~ チョッと覗く!
=★=
長い・なが~~い・長すぎる!
ボクの描く日常詩の1年分に相当するかも?
でも、ボクはこの娘の詩が好きである。
=☆=
わぉ~
おじさま、ありがとう。
私の次回作は、エロティックな描写を盛り込んだものになり〼。
乞うご期待!

おじさま、覗いてくれてありがとうございました。

               ~浜田山のdagg

dagg2

1週間前 ('17年6月22日 08:55)

姉さま、おはようござい〼。

>>幸せの予感・これから始まる幸せの階段、ぜひ登ってほしいです。

ありがとうござい〼。
私も一段一段、踏み外さぬように長い雲の階段を昇りつめて頂上の踊り場から下界を眺めたく思っています。
6月の初投稿の詩がコラボに・・

姉さま、ありがとうございました。
                  ~浜田山のdagg

pito

3日前 ('17年6月25日 17:17)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

こんにちわ、daggさん。

daggさんとtaka.さんの文才とお人柄が生んだ
素敵な恋文ポエムになってますね。

コラボというと評価なし、というにが~い記憶。
でも、懐かしく温かい記憶として今もしっかり残ってますよ。

体調に気を配りつつ、日々の生活を営んでくださいね。

dagg2

3日前 ('17年6月26日 12:30)

pitoさん、こんにちわ。

そうだよねぇ~
pitoさんがまだkarelと名乗ってる時コラボしたよねぇ~
ホント、懐かしく温かい記憶が、私にもしっかりと残っています。

桜の咲く頃、京都に叔母夫婦と帰るつもりでいたのに、入院。
夏の暑いときの帰省になります。
義母の新盆、鴨川に屋形を仕立てて五山の送り火を見ながら亡き義母を想い出すことでしょう!

pitoさん、いつもありがとうね。
                     ~友・dagg



コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P