自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

予定のない夏

作: にゃべ♪

ほわほわと大きな雲が寝そべって
僕は昨日の寝不足と重ねている
大きな羽毛布団はとても気持ち良さそうで
何もしなくてもあくびが逃げていく

天気予報の予言通りならば
今はきっと嵐の前の静けさで
きっと色々準備した方がいいのだろう
けれどまだ何ひとつ実感がわかないんだ

冷蔵庫で冷やしたジュースを飲んで
もっとこの季節を堪能したい
汗がダラダラと流れていく
ぼっちの夏はどこかアトラクションのようで

外に出ればイベントばかり
帽子を忘れた僕は日陰に避難する
どうせなら海岸通で猫を探していた方が良かった
眠る猫を見る方が精神的に満たされるし

この時期に見る海
時代の流れで人のいない海
夏じゃないのかと錯覚しそうになる
大きな雲がその誤解を吹き飛ばしてく

空を見上げるだけで良かった
間違いなくそれだけで季節を実感出来た
僕はまだこうして生きている
季節は全てを受け入れて豪快に笑っていた

※この詩(ポエム)"予定のない夏"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

作者 にゃべ♪ さんのコメント

いつもお読みくださり有難うございます。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。