自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

嵐も過ぎて

作: にゃべ♪

山から昇る湯気
命が呼吸をしている
雨は今上がったばかり
まだ空は暗い

もうセミが復活している
命はしなやかに強い
きっとそれは私たちも同じなのだろう
雲が晴れれば青空が広がる

風は止み
静寂が訪れる
今回も予想通りに終わった
今回は予想通りに終わった

明日はまた全てを忘れて平常がやってくる
強固な日常への回帰
恵まれている事は光の速さで忘れて
ところで水不足は解消されただろうか

風鈴が鳴る
窓の外の景色に釘付けになる
雲の動きは思いの外ゆっくりだ
けれどもう強い雨は降らないだろう

セミの鳴き声が季節を感じさせる
雨も風も大した事はなかった
山がまた私たちを守ってくれた
誇らしげにホカホカと湯気を沸き上げている

※この詩(ポエム)"嵐も過ぎて"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

作者 にゃべ♪ さんのコメント

いつもお読みくださり有難うございます。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P