自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

3倍もの月日を 重ねて。

作: 誰恋

自分よりも 遥かに永く生きたその人の

小さいけれど 細くて 長い指。

骨、関節、浮き出た血管

其れ等を 覆う

破れそうな位に 薄くて白い皮膚

其処に長い年月を 書き足して。

最後の仕上げとして その上に載せてあるのは

少し色褪せて 罅が入った

けれど綺麗な形をした 爪。

時間が完成させた 美しい物

何て綺麗な 芸術作品。

無くなって 新たに刻まれたからこその味わい

其れは何よりも 美しくて。

※この詩(ポエム)"3倍もの月日を 重ねて。"の著作権は誰恋さんに属します。

作者 誰恋 さんのコメント

その指に いつも目が行く

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。