自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

moon「tubuyaki・・・」

作: Nia

君に触れるたび
僕の心臓は少し揺れる

睫毛の先に光る煌
それを拭うことさえ出来なくて

「ごめんね」も言えず
ただ刻が過ぎることを願い
居たたまれない罰を受ける

君が立ち上がらない限り
永遠にこのままでいるであろうかの錯覚
どうか旅立ってほしいと願うけれど
それは僕の勝手な妄想

愛してるとか
愛してたとか
薄い言葉はもう言えない
そんな事より
きっと世界は悪に満ち溢れていて
破滅に向かっているのだろう

立ち去る君を目で追いかける
愛してるとか愛してたとか
聞こえない声で呟きながら・・・



※この詩(ポエム)"moon「tubuyaki・・・」"の著作権はNia さんに属します。

作者 Nia さんのコメント

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
綺麗 1
切ない 1
合計 2
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (4件)

Taka.

5日前 ('17年8月11日 23:15)

この詩(ポエム)を評価しました:綺麗

Niaさん。 お邪魔します。

切ないですね。

ここ最近で一番かなぁー。と思ってしまいました。

『 睫毛の先に光る煌 』とは、とても素敵な表現ですね。

全体の詩文も、切なくも美しく、
私も、こんな詩が描けたらなぁー。と思いました。

どうもありがとうございました(^O^☆♪

赤い苺

5日前 ('17年8月12日 00:21)

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

結構、深い意味の詩だなあと思いました。

落ち着こうとしているのかなあと思います。
悲しみを乗り越えようと勇気をもって対処しようとしているのかな。
そういう気持ちよく解ります。
時のなかで、人が変わってゆく瞬間を思います。

Nia

4日前 ('17年8月12日 09:38)

taka。さん
コメントありがとうございます。
takaさんの詩も いつも素敵なだと思い読ませてもらっています^^

Nia

4日前 ('17年8月12日 09:40)

赤い苺さん
コメントありがとうございます。
想っていても別れなければいけなこととか
あるのかなー?とか思って書いてみました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。