自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

話し合いの孤独

作: jinjan

君のお父さんが言った
「もっと話し合うんだな」
最初は穏やかだったけど
舌はもつれはじめ君の目尻はつりあがり始める
話し合いはどんどん急降下してきた
君はだんだん激昂しはじめる
ぼくは自分が悪くないのを知ってる
話し合いはとっくみあいになり始めた
ぼくは自分の家を出て
君から逃れようと
必死になって走り始める
君の言ってたことが理解できなかった
君は常軌を逸してる
思いっ切り走って逃げた
息が止まりそうだった
安心して立ち止まると
そこは君の家の前だった

※この詩(ポエム)"話し合いの孤独"の著作権はjinjanさんに属します。

作者 jinjan さんのコメント

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P