自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

記憶の中の景色

作: にゃべ♪

ずっとずうっと
何もかもが空中を浮遊している
僕は大事な誰かと握っていた手を離して
そのまま記憶を失った

誰もいない無人駅のホームで
たまに空を見上げている
どこにも届かに言葉に出来ない想いは
モヤモヤとしたまま大きな壁に阻まれる

手を握ったり開いたり
許されている事を繰り返す
季節の風がからかって去っていく
美しく高い空

いつから夢を忘れていたのだろう
歩き出せばいつか辿り着くだろうか
書きかけの日記帳は捨ててしまった
まっさらな心で進んでいこう

生き物たちの生きた証が空を舞っている
道端を見渡せば花が笑っている
幾度も見たその風景に
きっとそれが愛したかった世界なのだと

人はどうしようもなく繰り返して
何度も天秤を揺らしている
いつか交わした約束は守られるだろうか
そうしてすっきりしないまま夜を迎える

※この詩(ポエム)"記憶の中の景色"の著作権はにゃべ♪さんに属します。

作者 にゃべ♪ さんのコメント

いつもお読みくださり有難うございます。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P