自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

嘘つきと雨

作: テンプルくん




何故にそんな資格があろうか
何があって、滴がこぼれて良かろうか
そうだろ 君
流れ伝うそれは、涙とは違うはずだろ。

今日までの嘘が、まるでバベルの塔だ
公演終わりの虚ろが、染み込んだようだ

閉じる幕を追う彼の瞳は震えている
嘘など燃やしてしまいたかった。
そう言おうとも、
君は確かに嘘を積み重ねてきただろう




※この詩(ポエム)"嘘つきと雨"の著作権はテンプルくんさんに属します。

作者 テンプルくん さんのコメント

くらえっ!
ローリング・スパーキング・フレイム!!

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P