自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

作: Metatron

並木道が黄色く染まり
きみと僕
そぞろ歩いて

手袋は少し早いから
照れながら
手を繋いだら

晩秋は過ぎ
スカートの丈も変わった
そんなきみの
黒い瞳に見とれる僕


日暮れの早い西の空
きみと僕
朱色に染まる

立冬は過ぎ
きみの髪も少し伸びた
だけど僕は
黒い瞳に見とれるだけ


好きとささやく
そんなしぐさも
全部好きさ

※この詩(ポエム)"冬"の著作権はMetatronさんに属します。

作者 Metatron さんのコメント

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P