自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

したり

作: 赤い苺

首に宝石のネックレスをかけたり
腕に金のブレスレットをしたり
指にピンクゴールドのリングをしたり

いろんなことをして飾り立てる

飾らなくても良いって
どんなに幸せだろうか?

心が何時も安心で飾られていたら
それは
とても美しいことだろう・・・

※この詩(ポエム)"したり"の著作権は赤い苺さんに属します。

作者 赤い苺 さんのコメント

☆彡

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
感動 1
優しい 1
合計 3
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (4件)

更科 泉

'17年11月21日 13:28

この詩(ポエム)を評価しました:優しい

身なりを着飾るのはコンプレックスからだったり自己満足だったりするのかも?と思ったりします。
最後の三行がとても良かったです。

__

'17年11月22日 00:19

この詩(ポエム)を評価しました:共感

弱いから、構えるんですね。
いい詩ですね。

Nia

'17年11月23日 21:27

この詩(ポエム)を評価しました:感動

今 小さなことで悩んでて
こんなんじゃだめだなとか思ってたんです。
「心が安心で飾られてたら」
この言葉 ズドンってきました。

赤い苺

'17年11月23日 22:03

更科さん。
身に着けたいという衝動はありますけどね。
最後褒めてくださりありがとうございます。

冬樹さん
いい詩とありがとうございます。
人は弱い生き物かな。

Niaさん
自分を安心に導くことも大切だと思います。
なかなか難しいことですけど。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P