自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

地下工事の公示地価

作: 歌川四季

豊洲市場地下の土壌汚染の追加対策工事の入札不調が相次ぎ

都は予定価格をこれまでの事後公表から事前公表に切り替えて入札を行ったが

3回連続で不調になり

工事の遅れが懸念されていると報道があった

都は今年6月から落札額の高騰を防ぐため

予定価格の事後公表や1者入札の中止を試行していたが

昨年度に比べて入札不調が倍増

事前公表された4件の予定価格は初回から4割上がったが不調

今後、五輪のために工期が短くなれば

さらに価格は上乗せされていくのでは、とのこと

前から思っていることだけど

これまで豊洲新市場の地下水管理システムを導入した業者は

環境基準以下という基準を満たせたないのだから

瑕疵担保責任で追加工事をする責任はないのだろうか?

仮に

瑕疵担保責任がないのだとしても

道義的責任から

地下水管理システムを導入した業者に

追加分の見積もりを出してもらって

妥当性判断のために

都民に公開した上でやっていただけないのだろうか

重ね重ね思うのは

なぜ莫大な税金を

これまでも

そして、これからも注ぎ込んで

わざわざ生鮮食品を汚染土壌の上に

集めなくてはならない破目になったのか?

ということ

結局、以前の都知事が

日本の技術力とやらを

過信していました、ということで

済まされてしまうのだろうか?

※この詩(ポエム)"地下工事の公示地価"の著作権は歌川四季さんに属します。

作者 歌川四季 さんのコメント

重ね重ね

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P