自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

夢のおわりに

作: 桐山青子と桐山青

思うように動かない指
目の前が霞んできたわ

ほっぺをつねって
夢じゃないと思う日は
きっと来ない
きっと来ないから

心のなかで歌い続けるわ
あなたが歌ってくれた歌を
たとえ、あなたに届かなくても

聞き間違えてばっかり
目の前が夜みたいだわ

ほっぺをつねって
夢じゃないと泣く日は
もう来ない
来るわけがないから

夜のなかで歌い続けるわ
あなたが歌ってくれたを
たとえ、あなたに会えなくても

※この詩(ポエム)"夢のおわりに"の著作権は桐山青子と桐山青さんに属します。

作者 桐山青子と桐山青 さんのコメント

読んでくださった方へ
ありがとうございます。

桐山青子と桐山青

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
切ない 1
合計 2
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (6件)

涙のアカナト

'17年12月28日 02:33

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

夢と現実の境目に居る感じが出てて良いですね

赤い苺

'17年12月28日 06:58

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

切ないけど
性格の良い女性を感じ
それが甘い心地よい切なさに聞こえました。(*^_^*)

桐山青子と桐山青

'17年12月28日 09:10

涙のアカナトさんへ

コメントと評価ありがとうございます。

「夢と現実の境目に居る感じが出てて良いですね」

そうですね。私どももそのような場面を想像して作ったので涙のアカナトさんのコメントを頂けてとても嬉しいです。

桐山青子と桐山青

'17年12月28日 09:19

赤い苺さんへ

いつもコメントと評価してくださり、ありがとうございます。
大変嬉しいです。

甘い心地のよい切なさ
素敵な言葉ですね。私どもの詩からそのように感じ取って頂けるとはいい意味で思っていませんでした。とても嬉しいですし、励みになります。今後ともよろしくお願いいたします。

赤い苺

'17年12月30日 00:49

すみません。

今晩は、ちゃんとこの詩が読めたようです。
いいしれないような切なさを感じました。

「ほっぺをつねっても夢じゃないと思う日は来ないから」
なんて、、とても悲しいことですね。
だけど、生きているうえで幸せなことはきっと来るのだと
わたしは思っております。
その日が来ることを祈りながら。

桐山青子と桐山青

'17年12月30日 01:05

赤い苺さんへ

だけど、生きているうえで幸せなことはきっとくるのだとわたしは思っております。
その日を来ることを祈りながら。

素敵なコメントありがとうございます。そうですね。生きてるうえではいろんなことがありますが、幸せを祈るということは諦めちゃいけないなと私どももそのように思います。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P