自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

星空と夢

作: 唯野一稀


昨日見た星と今日見た星
一見違うように見えるけど
同じように煌めいてる

星の数だけ夢を見よう

きっとどんなに暗い夜でも
貴方が願ったその夜に星は瞬いてるはず

また朝が来て
晴れの日も
曇りの日も
雨の日も

それでも日々は続いてく

なんでもかんでも
叶う未来じゃないけれど

小さな夢からひとつずつ追いかけていこう

そしてまた星の見えない夜が在ったとしても
自分の心、星という名の夢だけは消さないようにして・・・


※この詩(ポエム)"星空と夢"の著作権は唯野一稀さんに属します。

作者 唯野一稀 さんのコメント

今年もよろしくお願いします。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 2
タイトルいい 1
合計 3
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (5件)

杉菜まゆか

2週間1日前 ('18年1月4日 04:00)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

星は、太陽のような、直接見てはならないほどのまぶしい光ではないが、暗い夜空にさん然と輝いています。
 時代と共に、周囲が悪くなり暗くなっても、いや暗くなればなるほど、明るく輝く一抹の希望のようなものですね。

ももこさん

2週間1日前 ('18年1月4日 10:44)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

唯野さん こんにちは

>星の数だけ夢を見よう
とても素敵ですね。
星の数だけといったらもうたくさんあり過ぎて・・・。
でも、
>小さな夢からひとつずつ追いかけていこう
小さな夢から、っていうのがいいですね。
ひとつずつひとつずつ、、、。
そのうち気がついてみると広大な星空のような夢が叶っているかも。
夢が広がる素敵な作品ですね。
最後の一行、これもとても素敵です。(^-^)

むー

2週間1日前 ('18年1月4日 18:47)

この詩(ポエム)を評価しました:タイトルいい

唯野一稀さん
 あけましておめでとうございます
ご挨拶が遅くなりすみませんでした。
 
 水前寺清子さんの歌のように生きていきたいものですね。
そして唯野一稀さんのこの詩のように生きていきたいものです。

 そして一日に一度は笑顔になれるような生き方をしたいですね。

 今年一年のご多幸をお祈り申し上げます。
そして本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

       2018年 正月  むー 

唯野一稀

2週間1日前 ('18年1月4日 21:03)

ももこさんコメントありがとうございます
唯野一稀ですm(_ _)m
数えきれない程の星をみても
やはりひとつずつ視野にいれて
現実味帯びた夢を幸せに変えたい
そういう想いで書きました
まずは食事ができる幸せといった所ですかね!
夢の様で夢じゃないことも叶っている
何言ってんだろ俺(笑)
素敵との評価ありがとうございました!

唯野一稀

2週間1日前 ('18年1月4日 21:05)

むーさんコメントありがとうございます
唯野一稀ですm(_ _)m
そうですねぇ
一日に一回、笑顔かぁ
最近泣きっぱなしだからなぁ(笑)
あΣお気になさらずに!
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P