自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

影踏み

作: 更科 泉

光が在るから影は存在し
影によって光の存在が証明される

だから人は多かれ少なかれ
誰でも影をもって生きる
影の濃さや、持続時間も異なる

光と影
どちらが本来の姿なのか考えた時
光のほうとは限らないだろう

もっと影の部分に光を当ててみたら
影の向こうにさらに影ができるかもしれない

そこに浮かびあ上がるものは
暗闇の向こうに映し出された
本当の病み

次の鬼は誰だ?

※この詩(ポエム)"影踏み"の著作権は更科 泉さんに属します。

作者 更科 泉 さんのコメント

本日3投稿目です

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'18年1月11日 07:14

この詩(ポエム)を評価しました:共感

「隠していたものはあらわにするためにあり、おおいをかけられたものは、取り外されるためにある」(聖書)
「悪事を隠す者は栄えることなく、正直に告白する者はあわれみを受ける」(聖書)という御言葉を連想させました。

更科 泉

'18年1月15日 12:09

杉菜さん
コメントありがとうございます。

聖書の言葉、なるほどと思います。
その通りというか深いですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。