自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

おにのおにごっこ

作: ちむにー

タッチすればぼくはおにでなくなるだって?
ぼくがおにでなくなったら
ぼくはいったいなにになるというのだろう?
なにもしらないままジャンケンをして
たまたまぼくがまけてしまって
おにのぼくがおにになったのだけれど
もしもぼくがかっていたら
ぼくはいったいなにになっていたのだろう?
まさかにんげんになっていたのだろうか?

にんげんたちにおにごっこをしようといわれて
ぼくはかれらがみんなでおにのマネをするあそびだとおもった
それならおにのぼくがおにとはどういうものか
かれらにおしえてあげようとおもったのだけれど
そういうあそびではないらしい

ぼくはおにとしてうまれて
おにとしていままでいきてきたんだ
おにであることにほこりをもって
そのむかし ぼくのせんぞは
おにのせかいをほろぼしにきたにんげんのしょうねんと
イヌとサルとキジにゆうかんにたちむかってかれらをやっつけた
そのおかげでぼくはいまここにいる
これからもおにとしていきていきたいんだ
おにじゃないほかのなにかにはなりたくない

にんげんたちはきづいていないんだ
ぼくがおにだということを
そりゃそうだ ぼくはまだちいさいから
つのもはえていないんだもの
たまにはにんげんたちとあそぼうとおもって
かれらのすむせかいにきたけれど
もうかえるよ おにのせかいへ
こんなあそびはまっぴらごめんだ

※この詩(ポエム)"おにのおにごっこ"の著作権はちむにーさんに属します。

作者 ちむにー さんのコメント

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。