自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

街コン・ガール

作: Re:Metatron

兎にも角にも、
『初めての婚活パーティー』は無事終了。
「何より疲れた・・・」
彼女の第一声だった。
「それは人の多さで?」
「ちょっと聴いてくれる?」
「もちろん聴くけど」

斯く斯く然々。
「あー。そりゃお疲れ様だねぇ」

取り敢えず参加してみたものの、
名の通り”婚活”が目的の集まりなので、
男女ともに必死感が凄かったらしい。
男は男でやたらと収入を語りたがり、
女性は女性で派手目のメイクで女性っぽさを前面に打ち出し、
スペックを競い合っていたそうだ。
開始15分ほどでそのやり取りを見て辟易した彼女は、
『こりゃ来るんじゃなかった』
『街コンの方がラクだな』
と悟ったらしい。

「それでも私のテーブルに来て話をしてくれた人が4人いたんだけど」
「いいじゃないの」
「でもその人達、どの人も私と何もかも合わないんだよね」
「趣味とか外見とか?」
「うん。全てに於いて」
「そっかー」
「そしたらさ、ひとり結構積極的な人がいて、
 パーティー後に食事してきたんだよね」
「お。それはいい話として終わるの?」
「いや。いい話として終わらなかったから愚痴を聞いて貰おうと思って」
「ああ・・・なるほど」

一頻り彼女の話を聞いた。
同性だからこそ解る、『束縛するタイプの男』だと解った。
「どう思う?今もLINEがガンガンきてるんだけど」
「きみはどうしたいの?次も逢いたいと想う気持ちあるの?」
「んー・・・無いかな」
「じゃあ一言、デートのお礼+お別れの挨拶をしてブロックかな」
「やっぱりそうだよね。そうする」

「でもいい話もあるんだよ。
 でも私が褒められた気がしないんだよ」
「どういうこと?」
「主催者の結構年上の女性と、私の隣りの女性が褒めてくれたんだよね」
「なにを?」
「メイクとコーディネート」
「あ・・・」

なるほど。
メイクもコーディネートも私がした。
それは確かに褒められた気がしない、と思うのも仕方ないかも知れない。
しかしフォローは確実に決める。
「でもさ、元が悪けりゃどれだけメイクきめてもダメじゃん?
 きみの元々の顔が可愛いから良かったんだよ。
 服装にしても持ち合わせでやりくりして成功したからだし。
 それは素直に喜んでいいと思うよ」
「なるほど・・・そっか。そう思うようにする!」

「これから週末は街コンに行きまくることにした!」
「積極的じゃないの」
「だからお願いね!」
「何を?」
「”何を?”じゃなくて、メイクとコーディネートだよ!」
「毎回?」
「当然!私ひとりじゃメイク出来ないし!
 服の組み合わせも全然解らないもん!だめ?」
「・・・解った。こうなったらとことん付き合うわ」
「よっし!やった!」

と言うわけで、
専属になりました。

※この詩(ポエム)"街コン・ガール"の著作権はRe:Metatronさんに属します。

作者 Re:Metatron さんのコメント

専属になりました。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P