自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

理屈っぽい机上の空論10

作: 池田正則

「劇目的心理とは」読者を喜ばすためだけにあるなかなか起こらない場面
「人生精神とは」意識時間
今回のテーマ「すでに完成図がある人生」とは何を選択するかあらかじめ決められている人生の事

すでに完成図がある人生を否定しなければ自己と呼べる者は一つもない人生の外に出られない人間では否定出来ないのか

自分の人生の完成図がある人が人生の完成図がない人に出逢い話しをするとすでに完成図がある人はない人の自由な行動に対して設定通りの交流が出来ず完成した人は完成図がない人に変わる
「以上完成図がある人とない人(自由人)は共存できない理論」
前者もし全人類の人生に完成図があれば人間が創造した物は元々神が作ったものになり人は神の代理作者となりますしかし全ての人が完成された存在なら感想する人の評価はすでに作者の立場の神はわかってるはずだから作った側の達成感がないもう一つの理由はシーンの束の中からワンシーンワンシーンを抜粋しないと面白い物語は生まれないだとしたら場面を区切らず流しぱっなしの人一人の人生を物語にしたら神は作家失格では?しかしつまらないとか面白いとか目的原因で人生を作らない可能性も充分にありますでもほとんど退屈シーンで出来た物語には変わりありません例え宇宙外に退屈を楽しむ精神があっても全ての人に読まれる作品の姿勢として誰が読んでも面白いモノじゃなければならない
「結論」すでに完成図がある人生は有意義な意味や目的がないです本当にあっても
後者だったら全人類の人生に完成図がなければ規則性を重視して宇宙を作る事に優れているのが神で複雑性を重視して作品を作るのが優れているのが「人」
前者か後者、どちらも信じないのも貴方の自由です
おまけ
時空は出産エネルギーで満たされている
量あるモノ、増えるモノ、減るモノ、始原あるモノ全て有限です
人の死後は神の心の中にある思考へ帰る
人が描く無は一つもないモノというより一つしかないモノみたいなイメージです

※この詩(ポエム)"理屈っぽい机上の空論10"の著作権は池田正則さんに属します。

作者 池田正則 さんのコメント

コメントなし

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P