自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

利害のない嘆きトレーズクシュリナーダに捧げる

作: 池田正則

自分を信じて叱る人や叱る場面を選ぶ人も本音で自分をぶつけてくる想い寿命で死ぬのは達成された幸福なのです力のかぎり生きるという事はカッコ悪い自分に耐える事の繰り返しです思い出や別れのない死を哀悼するのは罪ですか?たとえば知らないお墓に手を合わせる行為など僕なりの答えは故人の死を知る(悼む)人を増やすのも供養の一つだと思いました知るとは出逢いなんですニュースという形にせよそれと募金とは二度と会わない人との出会いなんですやる気は勇気です死も不幸も全てなくすのではなく減らす姿勢こそ尊いのです哀悼の文化を後世に残しましょう平和とは理不尽な死と対面しない世界ではない理不尽な死がない地球が当たり前に存在しないからこそなんの差別もなく生物の命を救おうとする人の姿が何物にも代え難くどこまでも眩しい哀悼の形など個性でいいのです手を合わせる想いがあれば嘆きとは我々は全ての死に哀悼を残す世界を作らなければならないそして全ての哀悼差別を捨て受容(じゅよう)しなければならない我々は死者に対して常に孤独でなければならないその孤独から生まれる愛を認めなければならないそれが英霊(えいれい)への奉仕(ほうし)なのです
この前ラジオでM、Fさんが
「当たり前の事が当たり前に進んでいく事が幸せ」らしい話をされてました
その考えに当たり前の事が当たり前に進まないから人は常に感謝を忘れない日々を送れますと思ったのが僕の主観的間違いでした
M、Fさんがここで言う当たり前とはそれぞれ違う日常の事だと思います当たり前がなくなれば成長も感謝も出来ないと知りました有難う御座いました勉強になりました

辞書コメント英霊(えいれい)とは死者または死者の美称
奉仕(ほうし)とは自分を投げ出して尽くす事
故人(こじん)とは死んだ人の事
哀悼(あいとう)とは人の死を悲しみ悼む事
悼む(いたむ)とは人の死を嘆き悲しむ事
供養(くよう)とは仏や死者に供え物をし冥福を祈る事
理不尽(りふじん)とは道理に合わない事
利害(りがい)とは利益と損害の事
何物にも代え難く→なにものにもかえがたく
受容(じゅよう)受け入れる事

※この詩(ポエム)"利害のない嘆きトレーズクシュリナーダに捧げる"の著作権は池田正則さんに属します。

作者 池田正則 さんのコメント

コメントなし

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P