自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

悠久

作: 新藤諒羣

広がる緑に囲まれた
雨に濡れている木橋を渡る
ほどけた靴紐を結んだ僕の
急いで後を追った感触
どこか懐かしい
傘に跳ねた雫は心にしみる
人は老いゆくも変わらない景色
繋いだ手を渡ってゆくだけ
心と心 木々と木々
緑は頬を赤らめて枯れてゆき
悠久に歴史を問えば
水面の葉が流された姿を見て
何も憶えていないと言った

※この詩(ポエム)"悠久"の著作権は新藤諒羣さんに属します。

作者 新藤諒羣 さんのコメント

お読み下さりありがとうございます。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
切ない 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

1週間3日前 ('18年12月9日 15:56)

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

商店街を歩いていると、毎年店舗は少しずつ減少していきます。今ある景色を心にとどめておきたいですね。

新藤諒羣

1週間2日前 ('18年12月9日 19:28)

杉菜さん コメントありがとうございます。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P