自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

食賛詩

作: 加護伸一

食という快楽に
いくら出すべきだろうか
ワンコイン弁当と高級ディナー
感動も食らうか もしくは自慰行為
食事は大切
終われば排泄 となるだけだが
飽くなき探求
さながら孤独なグルメの松重さん
提供者全てにリスペクト

右から左へ垂れ流す食べログのクソ自己満レビューよりも
信じるはやっぱり自分のtongue
楽しめるなら家でも
まとめ買いはお得 よく見ると、、
税抜価格?送料別?Oh shit

もう止まらないの
箸が次の世界へ導く
どこでもユートピア
この時間が長ければ
ご褒美で喜び 顔も綻び
頑張れそうさ 君のためなら

こんなことで悩めるなんて
ずいぶんと恵まれたようだ
どうか 全ての人に食の喜びを

※この詩(ポエム)"食賛詩"の著作権は加護伸一さんに属します。

作者 加護伸一 さんのコメント

妹のゼミの先生が亡くなられた。
会って話したことは一度しかないが、面白くて優しくて、何より人を平等に見ることが出来る方だと印象を受けた。
その時の笑顔が忘れられない。
でも当時の僕は、その人の考え方やスケジュールの組み方に疑問を持ってた。
しかしそれは間違ってた。

突然過ぎる幕引きだ。
特に何かをしたというわけではない。
僕と何か深い関わりがあったわけではない。
なのになぜだろうな。とても悲しいよ。
先生でしょ?教授なんでしょ?
まだまだやることあるんでしょ?
人生は一度きり。
そんなことはわかってる。
そんなことはわかってる。
そんなことは、わかってる。
エイプリルフールには早いよ。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

リトリロ

'19年4月1日 13:13

この詩(ポエム)を評価しました:共感

わたしも
外食好きです。
年金も危うい今は
見直してますが、
やっぱり止めにくい分野だなあと
思ってます。

加護伸一

'19年4月1日 23:42

>赤い苺さん
コメントありがとうございます。

そうでしたか!
見た目や味やらで食の世界は美しいとは思いますが、リスクは侮れないですね。
赤い苺さんでも止められないのなら、僕など諦めるしかないです、、、。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P