自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

国境から

作: end123

『今、俺さ……』
続く言葉が見つからない

もう少しこのままで
あと少し一緒に

気持ちはこんなに苛烈なのに
ペンを取って
文字にして
記したって

表したときには気持ちが置き去りになって
想いだけが先走って

語彙が足りない?
頭いいあんたと違ってさ
原始な心を磨いたって
出来上がるのは幼稚な心で

軋むイスの背もたれ
六月の雨はうるさい
紫陽花の葉にのっかる蛙みたいに

げこげこ鳴いて
それで伝えられればいいのに

『今、俺さ』

丸めて捨ててくずかごへ
「ぽすん」ってそれが人の鳴き声

※この詩(ポエム)"国境から"の著作権はend123さんに属します。

作者 end123 さんのコメント

言葉は大事な時に不自由だと思う

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P