自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

幸せを遠ざけているのは僕自身なのか

作: 加護伸一

僕の存在は
人類の敗北なんだ
諦めなよ
僕らは動物だ
さあ 恋をしよう
いやいや ワライモノか
でも本気なんよ

誰かのために 検索した終電
履歴が 残る乗り換え案内
自分がわからない僕にとっては
生きる活力の活動力が必要だ

さっきまで笑って喋ってて
気が付きゃ 電車で涙してる
僕は どこへ向かうのだろう
今が楽しい
それもいつかは終わる
僕は駒にはなりたくないが
あなたの犬になれるなら
何なりと

毎日違う人が来て
会いたい人には すぐには会えない
どうしようか 神様
不眠症の僕に眠りに誘う人
それは 世界一のポニーテール
僕は何になる 何ができる
僕は 僕は
ただの人だ

※この詩(ポエム)"幸せを遠ざけているのは僕自身なのか"の著作権は加護伸一さんに属します。

作者 加護伸一 さんのコメント

どこか僕は幸せになってはいけないのではないかという考え方が強い。
終電まで喋ってて笑ってたのに、なんで涙が出てくるのだろう。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
好感触 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (1件)

くりす

2週間1日前 ('19年7月9日 00:41)

この詩(ポエム)を評価しました:好感触

こんにちは。

加護さんの、過去の何作品かを読ませてもらって、言葉に独特の重みが感じられる方だなという印象を受けました。
重みと偏に謂っても表現の仕方や勢いは様々で、熱や意思が籠っていたり、どこか感情的でありながら諦観染みたような負の空気を纏っていたりと、僕は詩に全く詳しくない人間ですが、読んでいて心自体を揺さぶってくるような文章の集合体がいいなぁとシミジミ。

散文というと、若干マイナスなイメージと捉えられがちですが、纏まることのできない、とりとめのない感情を文章として整えずに吐露した、といった書き方が上手いのかもしれません。

何が言いたいの、お前?って感じなコメントになってしまいましたが、とにかく評価の「好感触」以上に好感触だったということです……。

では。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P