自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

誰もいない朝の

作: end123

朝焼け
涼しげ
静かな駅で

私は君を待っている
少し眠たい眼こすって

一緒に暮らす
二人で暮らす
いつかはちっちゃな一人くわえて

時が風になって
空はいつか高くなってて
照らされる雲はレンズみたいで

私は待ってる
君を待ってる

太ってるかもしれないけれど
髭が生えてるかもしれないけれど
むこうで疲れてやつれてるかも

だけど変わらない気持ちが胸にある
言葉にしたらもったいないから

とびきりの笑顔で
戻らない時を取り戻すくらいに

※この詩(ポエム)"誰もいない朝の"の著作権はend123さんに属します。

作者 end123 さんのコメント

秋の朝、肌に感じた風がテーマ

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

ももこさん

3週間前 ('19年8月27日 16:38)

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

end123さん こんにちは

素敵な詩と思いました。

>一緒に暮らす
二人で暮らす
いつかはちっちゃな一人くわえて

良いですね~。
理想ですね^^

>だけど変わらない気持ちが胸にある
言葉にしたらもったいないから

とても強い意志が伝わってきます。
優しくてなんともいえない素敵な詩でした(^-^)

end123

2週間2日前 ('19年9月1日 19:19)

ももこさん、コメントありがとうございます。
都会でもない、田舎でもない街の駅の朝を、読んだ方に想像させられたら満足です。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P