自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

キスも知らない少年は世界の殺し方を知っている

作: 歌唄

私は あなたにとっての何かに成りたかった
そして あなたと違って 平凡な人生が夢だった
けれど あなたは私を指して 同じ舞台の上に上がらせた
燃えるようなあなたの才能に触れたときには遅かった
その迷いない指先が 私とあなたの運命を定めているようだった
スポットライトを浴びて 私は舞い上がったんだ
その隣に立とうなんて その炎を一番近くで見ていたいだなんて
大それたことを思った
だから 沢山のものを捨てたし 色んなものを犠牲にした
私の世界の真ん中はあなたで 美しいあなたに全てを捧げたんだ
それでも それでも あなたのことを分ってあげれなかった
アンコールが煩くて あなたの声が聞こえなかったから
スポットライトが眩しすぎて あなたの表情が見えなかったから
だけど 終わりだけは分かってた
この舞台は幕が降りる きっとあなたは 灰になるんだ
私は どうせ文句の一つも言えないことを知っていた
何処にも行けない二人のまま 何者にも成れやしなかった
強くて孤独で美しい そんなあなたに惹かれていただけの人生だった
世界が終わる前の四小節 あなたの声が初めて聞こえた
ずっと隣で流れていたのは こんなに悲しい音だったんだ

※この詩(ポエム)"キスも知らない少年は世界の殺し方を知っている"の著作権は歌唄さんに属します。

作者 歌唄 さんのコメント

「僕の敗北を看取って欲しい」

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P