自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

晒す

作: 守鮮度

胸の奥を鷲掴むギザギザ
思考回路をことごとく
前後左右を霧に包む

水面で足を引っ張られた時間は
いつもと変わらず
今日の櫓を漕いでいった

誰にも気づかれずマンホールに堕ちたみたいだ

でもそれでよかったのかもねって

もう一人の私が笑うよ


晒してしまえばいいのにー。

何を守っているの?


生きることに意味なんてないの

暗唱したって通らない筋

何故?ばかりのこの世で
矛盾を纏って生きるしかないの?

顔に張り付いた笑顔

私は私からは逃げられない

ずっと











※この詩(ポエム)"晒す"の著作権は守鮮度さんに属します。

作者 守鮮度 さんのコメント

(*_*)

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
素敵 1
独創的 1
合計 2
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (3件)

リトリロ

'19年8月31日 12:44

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

ネガティブゴシックの
ように感じられて
良かったです。
人は生きることを悩む。
妖艶な生き物かもですね。
命が長いからかな。

月乃

'19年9月3日 15:50

この詩(ポエム)を評価しました:独創的

こんにちは^^
小説風だなって感じました。

晒してしまえばいいのにー。

何を守っているの?


生きることに意味なんてないの

この部分好きです^^。

守鮮度

'19年9月29日 01:01

>リトリロさん
こんにちは!コメントありがとうございます。
妖艶な生き物、素敵な言葉ですね(^з^)-☆
悩むことは悪いことではないですもんね。素敵評価ありがとうございました。

>月乃さん
こんにちは!小説風でしたか?あんまり意識してなかったです。
抜粋部分、好きといってくださって嬉しいです(>_<)
独創的評価ありがとうございました!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P