自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

慟哭のラブレター、「ごめんね」

作: milk strawberry

わたしは
おばあちゃんの年齢だから
貴方にとってわたしはー
気持ちが悪い存在だろうね・・

でも
わたしは
貴方やその他の全ての男性に気に入られるために装っていたのではなく、
「あの人」と何時もデートしたくて装っていたの。
それに罪は無いでしょう?
貴方を「釣る」ために装ってたわけではないの。
しかし
貴方がとても素敵だったから、「事実」も貴方に告げれないほど
わたしは、自己肯定感が欲しかったんだ・・・
そのために貴方の人生を苦しめてしまってごめんなさい。
でも
わたし、貴方のおかげで人生を肯定することが出来たの。
ごめんなさい。

わたし、貴方にとても嫌われるように、何時も綺麗で居たいわ。
貴方が、このおばあちゃんが、、と苦しくなってわたしのことを
嫌いになったとしても、何時もわたし、綺麗でいるわ。
長い綺麗な黒髪、トレンドを着こなすスタイル、綺麗な肌、、
貴方が苦々しく思ってわたしを嫌いでいても
わたし、ずっと、若さを愉しむわ。
おばあちゃんになるまでよ。
人生は一度きりだもの。
自分の、足りない幸福を充足するの。
いや
貴方がくれた、永遠の楽しさを味わうためにね。

嫌いなフリットや嫌いなイモの料理も
一か月以内なら、好きなメニューもあるでしょう。
好きなメニューの時に行くの。
貴方に云いたいのは、世間の若い女子も「健康食」を目指してるって
ことなのよ。早く目覚めてね。と云います。
会社の女子もイタリアンは健康食だと断言してるの。
認識不足だと、、貴方に無言で云います。

いいの
わたし、一か月に一度だけ
貴方の高いレストランへ家族へ行くからさ

待ってて。
おばあちゃんの私が好きなように装って
あなたの店にも登場するからさ。

人生一度だけだから
愉しみたいの
出来るだけ若さを保っていくよ
ごめんね。

※この詩(ポエム)"慟哭のラブレター、「ごめんね」"の著作権はmilk strawberryさんに属します。

作者 milk strawberry さんのコメント

魔性の女より。。。

罪つくりだよなあ。
悪かったら
罰をください・・・。
この悲しさに比べて
罰があるのだろうか?

とかいろいろ・・。
死んだお父さん、ごめんなさい。
わたしの痛みは激しかったんです・・。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P