自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

つなぎ繋がれ流れナガレテ繋がって

作: end123

筋トレなんかしなくても
親父の背中はでかかった

笑顔の練習なんかしなくても
母の笑顔は安心できた

大人になって
大人になって

その裏の
その裏側の

苦闘と辛さとやりきれなさを

知って
知って
思い知らされ

だけど
わが子の笑顔がかき消す
だけど
わが子の怒った顔さえ
力になって

学校は嫌い
行きたくない

私の背中は父より小さく
私の笑顔は母より弱く

だけど
話すことはできる
だけど
聴くことはできる
耳傾けることはできるのだ

それはほんとは悲しかった私に
それはほんとに寂しかった私に
気が付かなった二人を振り返ること

愛ゆえに
愛故に

私は父には近づけない
私は母と同じにはなれない

だけど
寄り添うこと
話を聞くこと
力になれること
力になると決意すること

過信だって笑われようと
私はあなたの親だから

※この詩(ポエム)"つなぎ繋がれ流れナガレテ繋がって"の著作権はend123さんに属します。

作者 end123 さんのコメント

そろそろ学校が始まりますね

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (2件)

杉菜まゆか

1週間4日前 ('20年5月16日 18:28)

この詩(ポエム)を評価しました:共感

孝行をしたいときには親はなしといいますが、今のうちに出来る限り、親の面倒をみておきたいですね。人を守ることは、自分も守られることですから。

end123

1週間3日前 ('20年5月17日 17:59)

まゆかさん、コメントありがとうございます。
親から見る子供と、子供から見る親の姿。そんなことが延々と紡がれて今に続いている。そんなこと思って書きました。
また読んでくださいね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P