自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

不倫妻の懺悔道

作: 杉菜まゆか

主人は不倫をしている
これは紛れもない事実
しかも 不倫場所はドヤ街の
安手の木賃宿

その方がかえって目立たないって
あの人らしいわ
でも 私はあの人を攻める資格などない
私が あの人と結婚したのは
変態不倫男から 逃れるためだった

あの男と出会ったのは
二十代なかばの頃だった
仕事にも行き詰まり
将来が見えなくなってきたとき
早朝のファミレスのモーニングタイムで
声をかけてきたのが あの男

「このゆで卵 いかがですか。
僕一人じゃ 食べきれなくて」
朝陽を浴び スポーツシャツを着た
一見さわやかイケメン風
私はあの男に誘われるままに
ついていくことに決めた

あの男の誘いに乗り
私は 密室に行った途端
あの男の態度は 急変し
変態行為を求めてきた
そこから逃れるよう
今の主人と見合いで結婚した

今の主人とあの男
共通点は親しみやすい
一見さわやかイケメン風のところ
私の好みは やはり昔と同じ

家庭持ちの男が 女性とつきあうのは
家族にもいえない秘密をもった男の
発散場所だったかもしれない
不倫道の入口は いつも偽りの優しさ

※この詩(ポエム)"不倫妻の懺悔道"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作者 杉菜まゆか さんのコメント

不倫すると、懺悔道を下るようになりますね。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
深い 1
合計 2
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (3件)

ももこさん

'20年6月26日 07:38

この詩(ポエム)を評価しました:共感

杉菜さん おはようございます

今作も不倫がテーマですね。
好みってなかなか変わらないものですよね。
それが故に失敗を繰り返すこともよくある話で・・・
傾向を変えなければいつまでたっても不倫男から逃れられませんね☆彡

杉菜まゆか

'20年6月27日 05:31

不倫は、する方もされる方もそしてその家族も不幸道を辿りますね。

たたたたあったん

'20年6月27日 15:09

この詩(ポエム)を評価しました:深い

杉菜さんこんにちは

ゆで卵が私の詩とかぶってしまってごめんなさい

不倫はよくわかりませんがストーリーがしっかり練られてて小説を読んでる気がしました。

不倫って大変ですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P