自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

moon「ひとつずつの…」

作: Nia

1つ
目が会った瞬間のトキメキ
1つ
誰にも見えないように
隣に座りバスの中でそっと触れる指
1つ
一緒に見た青い海
1つ
2人見上げた蒼い星空

ひとつひとつが重なって
君との思い出が厚くなる

始まりは僕の一目惚れで
僕らの愛は誰にも言えず
ただそこにいるだけで…

あの海の向こうには何があったんだろう
君を連れて逃げてたら
その先に幸せがあっただろうか
見上げた空にある何万もの星たちのように
僕達は隣合うことは許されなかったのに

思い出を食べて生きて行けるなら
きっとそれは幸せで
過去にしがみつく僕の人生は
甘くて苦くて辛くて寂しくて…

もう一度君に会えたなら
また1つ
僕の未来に立ち向かえるのに

1つふたつ 数を数えて
囚われた過去から抜け出さなきゃ

君の幸せを
願わなきゃ…
分厚い本を抱えて生きるのは
少し辛くなってきたよ






※この詩(ポエム)"moon「ひとつずつの…」"の著作権はNia さんに属します。

作者 Nia さんのコメント

☾★

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
素敵 1
切ない 1
合計 3
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (4件)

milk strawberry

'20年8月31日 23:50

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

最後の連が切なくて共感し
良かったです。(^_-)-☆

切ない恋の詩ですね。

杉菜まゆか

'20年9月1日 04:41

この詩(ポエム)を評価しました:素敵

今度好きになる人は、以前好きになった人と同じタイプの人でしょうね。その人も分厚い本とまではいかなくても、小さな文庫本を抱えているかもしれませんね。

ももこさん

'20年9月1日 05:54

この詩(ポエム)を評価しました:共感

Niaさん おはようございます。

離れてみると相手の良いところばかり思い出されますね。
そして自分の反省点も見出せます。
この恋、もう手遅れなのかな・・・
君の幸せ願うという僕に、幸運がきますように・・・(^^)

Nia

'20年9月1日 21:47

milkさん
まゆかさん
ももこさん
コメントありがとうございます。
忘れられない恋ってありますよね
あの頃あの時ああしてたらって。
今と違う未来を望んでるわけじゃないけど
後悔の恋でした。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P