自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

シミル

作: end123

夏服片付け
一枚
一枚

眠っていた秋の服
一枚
一枚

どれもこれも思い出思い出
ときにさよなら
ときに再会

埃が舞わぬようにねと
開けた窓 窓

終わったころには
日も暮れかかり

どうして秋風は哀愁させるのか
思いながら窓閉める

指先が
じんわり冷たい

※この詩(ポエム)"シミル"の著作権はend123さんに属します。

作者 end123 さんのコメント

おでんが恋しい季節です。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
共感 1
好感触 1
合計 2
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (4件)

杉菜まゆか

'20年9月28日 01:13

この詩(ポエム)を評価しました:共感

ようやく猛暑から解放されました。冬の到来は早くきそうですね。

end123

'20年10月1日 19:05

まゆかさん、コメントありがとうございます。
こちらは秋になっています。毎朝、街路樹が頭のほうから黄色くなっています。
また読んでくださいね。

くりす

'20年10月6日 20:39

この詩(ポエム)を評価しました:好感触

こんにちは。

東京在住ですが、すっかり涼しくなりましたね。ただ、夏の癖が抜けていないせいで、つい付けてしまう冷房。お陰で部屋が寒いです。いや、切れよって話ですが笑

夏服をしまう日常描写から秋に関連した膨らみを滔々と吐き出すような言葉の羅列が素敵でした。

では。

end123

6日前 ('20年11月24日 21:56)

くりすさん、コメントありがとうございます。
秋の風は焦げっぽくて好きです。言葉の繋がりを紡ぐのは難しいですね。
また読んでくださいね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P