自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

詩まとめ3

作: 歌唄

美しいと思っていた 星が死ぬ時は美しいから
きっと 綺麗に爆ぜて
私は何かを願うものだと思って生きていた

/「流れ星は願い事を叶えてくれない」


強い日差しに溶ける様な黄色
目にした者の全てを奪う 脳裏に焼き付く鮮麗で 圧倒的
時間なんて必要なかった 全身全霊が彼に向かっていて
雷に打たれた様な 衝撃だった

/「その雷鳴を覚えている」


お前が言っていることは難しくて 何一つ分からなかったけれど
この世界を美しいと言うお前に 好かれるのは悪い気がしなかった

/「光夜」


春が来る前の まだ何者でもないこの季節に
人生で最も美しい この瞬間に死んでしまいたかった
あの夏に語った夢も 恋の様に浮かされた熱情も
この場所に埋めていけたらいいのに

/「出会った季節が巡って来るその前に貴方は去ってしまう」


僕が本当に欲しかったものは
別れに 笑って手を振れる 強さではなかったのか

/「星の滅し方を知っている」


歳の割に幼く 欲望に忠実で 純粋
なのに 同じぐらいそれを 地に伏せる事にも慣れていた

/「神様のイメージ」


見えていないんだ あの時から少しずつ
もう あいつの目が 何色だったかも思い出せない

/「全知全能も及ばない」


神様はきっと お前が好きだ
だから、お前だけが欲しいんだろう
でもまだ許せない あんたが勝手に似せて造ったんだ
お前が あんたのになるのは 俺が地獄に落ちる時だろう

/「死んでも星に成れない」


※この詩(ポエム)"詩まとめ3"の著作権は歌唄さんに属します。

作者 歌唄 さんのコメント


天才の強くて孤独で美しく、神様に愛されすぎているから
世界に馴染めない感じが好きです。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'20年10月1日 17:03

この詩(ポエム)を評価しました:深い

ある作詞家の知り合い曰く「彼がどれだけ努力しているか知ってますか?彼の努力は天まで届く」神様は、努力した人、才能を有意義に使った人を祝福するといいます。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P