自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

行き倒れ

作: 池田正則

生者の光体(太陽の事)より弱く光る空の行き倒れの星は倒れないように必死に光る。母の腕(かいな)の中で眠る行き倒れを金銭で守護する事は出来ない。しかし社会にとって行き倒れがボランティアから自立したいのは迷惑ですか?。忘却の涙を開くように春景を牢記(ろうき)から呼びたい。清鑑(せいかん)は有罪の人を地球から徒刑(とけい)した。そんな有罪の人の安否(あんぴ)のために無罪の人は泣いて救恤(キュウジュツ)を荷物に何度も直接会いに来ました。電車の窓から見た星空は明かりのない街路を人々から忘れさせない。僕達が両想いになるのが奇跡じゃなくなる日に君と結婚した。君がミリタリストでアフリカ人の僕を手術したのがきっかけだった。日輪(にちりん)の目の前で凍る身体は宇宙中の冬でした。母よ幸福ではなく人生をくれて有り難う。衣食住(イショクジュウ)は貧困(ひんこん)でも家族と明日があれば毎日が未来に続く笑顔でした。
辞書コメント「行き倒れ」路上で倒れたり死んだりする事「牢記」しっかり記憶する
「安否」災害で助かっているかどうかという事「キュウジュツ」物質と経済的に助けるために援助する「清鑑」優れた鑑識「衣食住」食べる事着る事住む環境という三つの要素
「貧困」貧乏で困っている事「日輪」太陽の事「徒刑」島など遠隔地に送って執行する懲役「ミリタリスト」軍国主義者
コメントノーコメント生涯アマチュアで凡才バカボン、ボンでした

※この詩(ポエム)"行き倒れ"の著作権は池田正則さんに属します。

作者 池田正則 さんのコメント

コメント上

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'21年10月24日 05:52

この詩(ポエム)を評価しました:深い

行き倒れというと、酒やギャンブル、麻薬を連想しますが、依存症になる前に、止めてくれる人がいる人は幸いですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P