自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

あいしてたきみのすがた

作: シュウ

あなたがいるから
いまがある
しあわせだから
てとてをつなげる
ただそれだけのこと
きっといつもそばにいて
みまもってくれていたんだろう
のどがかわくくらい
すきなきもちがおさえられなくて
がくぶちにかざっていたしゃしんを
ただいつまでもぽけっとにいれていた

※この詩(ポエム)"あいしてたきみのすがた"の著作権はシュウさんに属します。

作者 シュウ さんのコメント

風の吹き抜けるこの街で

最初で最後の恋をして

最初で最後の口づけをした

遠いあの日をふと思い出す

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
切ない 2
好感触 1
合計 3
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

この詩(ポエム)へのコメント (3件)

くるっぽー♪

'06年7月22日 16:59

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

こんにちは。
全部ひらがななのが、余計に気持ちを伝えていると思います。

のどがかわくくらい
すきなきもちがおさえられなくて
がくぶちにかざっていたしゃしんを
ただいつまでもぽけっとにいれていた

この部分が特に好きです。なんか読んだ後にも切なさが残っています。

yoshie

'06年7月23日 03:06

この詩(ポエム)を評価しました:切ない

すべてひらがなだと、どこか柔らかい感じがしますね^^

がくぶちにかざっていたしゃしんを
ただいつまでもぽけっとにいれていた

私はここが一番好きです。
「忘れられない」んでしょうね。

__

'09年3月9日 01:09

この詩(ポエム)を評価しました:好感触

あ、折句ですね

「のどがかわくくらい」がちょっと唐突な感じもしますね。ひらがな書きに合う素朴なタッチの内容ですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P