自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

色の交わりと死

作: asagi


いつまで待ち続ければいいのだろう。

時は無常に流れていって日に日に私の命の灯火は弱まっていく。

それでもあなたに会える日を待ち望んでいた。

それだけが自分をこの世界にとどまさせる理由。

自分のこの想いが叶わぬ想いと予感しつつも。

やがてその想いはやはり叶わぬものと知る。


それを聞いたとき見たのは美しい、天色(あまいろ)の空。

やがて空の色は移り変わり、私の灯火が消える時、灯火を消すとき、

空の色は薔薇色へと変わる。海は空の色を移し紅梅色へ

そして……海岸で横たわる者は深紅に自分自身を染めていく。


とある日の三色の交わり。

悲しくも美しいそれは決して歓迎できるものではなかったものの。

※この詩(ポエム)"色の交わりと死"の著作権はasagiさんに属します。

作者 asagi さんのコメント

こんにちは。今回が2回目となる浅葱と申します。
なんだか微妙な感じになってしまったんですが、、
というか暗いですね、私の詩は基本的に。
この詩には5色の色を使ってみました。
薔薇色と紅梅色と深紅の三つの赤系の色と
天色(あまいろ)。
後もうひとつは読んでくださった方々に
考えていただきたいと思います。感じ方考え方で6色にも
7色にもなるようにしてあります。
ぜひ考えてみてください。

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P