自作の歌詞・詩(ポエム)・小説(ノベル)等のクリエイティブ系コミュニティサイト

ようこそ ゲスト さん

投稿した詩(ポエム)にコメントがもらえるコミュニティ

詩(ポエム)

[広告]

母と星屑

作: utaco

 
 
  
 
 
ひとりで、
歩き出した頃 消えた 
  
愛されたいと願った瞬間
するりと手から零れ落ちた
 
意味を疑った瞬間消えた
 
晴れ間の空に、白昼夢のように生まれた
  
 
小さな星屑を
火に炙って殺すだろう
 
 
あなたの記憶の中の
私の嘘は消えた
これから、 
あなたの記憶の中に
私の嘘を植える
 
 
小さな星屑の
幻のような産声が
鳴り止まない耳鳴りのように
こびりついて、私を責めた。 
 
 
 
 
 

※この詩(ポエム)"母と星屑"の著作権はutacoさんに属します。

作者 utaco さんのコメント

 
寂しい、と零して
誰かが拾ってくれる内は、 若い。
 
 

この詩(ポエム)の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この詩(ポエム)のURLとリンクタグ

この詩(ポエム)のURL:
この詩(ポエム)のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
広島で開催!コスプレをはじめとするジャパンカルチャーイベント「コスカレード」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P